thechannel1024

Archive for the ‘Fashion’ Category

Alexander McQueen- NO.13

In Designer, Fashion on June 25, 2013 at 2:27 pm

ファッション界だけに留まらず多くの人々を魅了し、亡くなった今もなお、全世界に大きな影響力を与える続けるデザイナー、アレクサンダー・マックイーン。

Alexander McQueen- A designer who attracted tons of people not only in the fashion world with his strong thoughts and creativity. Even after his death, the great influence which he affected still exists in the whole world.

macw

彼のコレクションにおける手の込んだ舞台装置や演出は有名であるが、まさに彼はコレクションを通し、ファッション界の常識を覆し、世界に激震を与えた。
今回は、私が一番感動し、マックイーン本人も唯一涙を流したと言われるコレクションNo.13 (spring/summer 1999)を紹介しようと思う。

As his elaborated stage scenery and performances are famously known, he defied conventional wisdoms and strongly shocked the world through his collections.
Today I’d like to talk about one collection which is said its the only one McQueen burst into tears.

このコレクションは、19世紀のアーツ・アンド・クラフツ運動にインスパイアを受けている。
アーツ・アンド・クラフツ運動とは、イギリスの詩人、思想家、デザイナーであったウィリアム・モリスが主導したデザイン運動である。ヴィクトリア朝の時代、産業革命の結果として大量生産による安価な、しかし粗野な商品があふれてしまった。そのような事態を改善しようとモリスは、中世の「手仕事」に注目し、生活と芸術を統一することを主張したものである。

This collection is inspired by the arts and crafts movement which occurred in the 19th century.
The arts and crafts movement was leaded by a British poet, thinker and a designer William Morris. In the Victorian era, because of the industrial revolution, there were so many cheap but unrefined products. This is a movement which Morris tried to focus again on the handwork which was usual on the mid century and connect the daily life with art.

3391870668_fcfde146c5

Alexander-mcqueen-1999-spring-collection-F-lgn

tumblr_m7xr3ipGer1qbovnfo1_500

バルサの木で作られたオルゴールの人形のようなスカートと、クリスタルが刺繍されたドレスを纏ったモデル達がターンテーブを旋回し、ファイナルには、元バレリーナのシャローム・ハーロウ(Shalom Harlow)が純白のドレスを纏い登場する。

イタリアの車工場で制作された2機のロボットが黄色と黒のスプレーを噴射する真ん中で、シャーロムは美しく舞い踊り、純白のドレスはみるみるうちに全く別のドレスへと変わっていくものであった。

The models cat walked the turn table wearing a musical box doll skirt made from balsa and crystal embodied dresses. At the final, former ballerina Shalom Harlow in a pure white dress appeared.

Alexander McQueen S/S 1999 from MachaandCharly on Vimeo.

コレクションのファイナルに新たな一品を完成させる、というマックイーンの斬新かつ繊細で美しいパフォーマンス。誰もがこのファイナルで心を打たれたであろうコレクションであったが、本当の見せ場は他にもあったのだ。

実は、モデルとして幼い時に膝下から足を失ったパラリンピックチャンピオンのエイミー・ムィンス(Aimee Mullins)が登場している。ムィンスは、マックイーンが彼女のために、手で一から作りデザインした木製の義足をはめていた。

amy

MCQ840~1

その義足はあまりにも自然で美しいものであったため、コレクション発表後の翌月まで、特殊なブーツであると信じていたファッション・エディターもいたそうだ。

その後、マックイーンは雑誌『デイズド・アンド・コンフュースド(Dazed & Confused)』の1998年9月号ゲスト・エディターとして迎えられた。編集長の心配をよそに、マックイーンは表紙にムィンスを起用し、他にも身体に障害を持つ7人の男女をモデルとして紙面に登場させた。

dazed

「どんな時代でも、主流の雑誌を手に取ると外見の美しい人ばかりが載っている。美しさというのは、内面からくるっていうのを伝えたかったんだ。」と、マックイーンはこのプロジェクトの動機について語った。

モデルとして起用された男女も、

「これまで、ファッション界は私たちを寄せ付けてはくれなかった。でも私たちもあなたがたと同じように人に注目されたい、人の関心を集めたいと思っているのです。この機会を与えてくれたマックイーンに感謝します」

「今、一番の問題は障害者が見えない存在になっていることだ。私たちは私たちを無視しようとす人たちによる差別に苦しんでいる。その差別はファッションと広告の世界において著しい」と、語っている。

knight2

mcqueen_disability

無題

マックイーンの「美」に対する考えは、時には世間を驚愕させるパフォーマンスに至る。
しかし、彼の強い信念があるからこそ成り立つものであり、ファッション界という「美しいもの」と「美しくないもの」の境目が曖昧である世界にこそ、今後も才能あるデザイナー達が語り継いでいくべきものなのではないだろうか。

私たちに固定概念として根付いている「美しさ」とは、果たして正しいのものなのだろうか。

マックイーンのように、真の美しさを心で感じることが出来るようになった時に、明確な答えが導き出せるのだろう。

Meg.

My Visit : MARC JACOBS ICONIC SHOWPIECES EXHIBITION

In Fashion on April 30, 2013 at 11:01 am

お久しぶり。長くブログを休んでしまいました。。
この二ヶ月の中で色々な言葉や感動に出会ったなーと思いつつ、
ときどきぼーっとしつつ、ふざけたりしつつ。
だがしっかりアウトプットしてかねば!

Long time no post..Gosh I haven’t posted for a while!During these 2 month, there was a day I got deeply impressed by the words I was given, one day I was just thinking of nothing and one day I was horsing around.But no, there’s no more time I can waste!


DSC_2569

さて、先日東京青山で行われた日本初のMarc Jacobs回顧展に訪れた。彼のこれまでの代表的な作品を直接臨める非常に貴重な機会だった。
まず、入り口から彼の広告写真を手がけるユルゲン・テラーの作品から、Marc Jacobsの3分程のインタビュー(こちらも素晴らしかった!)、そしてこの回顧展の目玉であるショーピースの数々。最後にはヴィクトリアベッカムを起用した広告で使われたとても大きなMarc Jacobsの紙袋で自由に記念撮影。驚く事にこちらは全て無料!

そして、またまた驚いたのがその展示時間。なんと午前11時から夜の11時。
だいたいのブランド路面店は夜8時までだから頑張っている。この展示時間に私は何よりも感動したし、ものすごく強いメッセージを感じてしまった。あのような空間を無料でなおかつ夜遅くまで提供する事は非常に意味のある事。
NYでMOMAの毎週金曜午後4時以降は無料に感激したのと同じ感動をした。

Ahem-The other day, I went to the exhibition of a retrospective of Marc Jacobs which was held in AOYAMA, Tokyo- the first time to be held in Japan.It was a valuable opportunity to see his representative works directly with my own eyes.

The work of Juergen Teller who is a photographer of advertisement welcomed me when I entered. Next was the interview clip of Marc Jacobs for about 3 minutes which was really impressive, and after that there were some show pieces which were the loss leaders of the exhibition. At the end, there was a photo boos you can take a picture getting inside of the Marc Jacobs paper bag which was used for the advertisement Victoria Beckham appeared.

Surprisingly this exhibition was free!And more surprisingly, the museum was open from 11am to 11pm.Most of the other stores closes at 8pm so it’s really rare.I was impressed by this opening time, and felt a strong message.I think its a really meaningful thing opening till midnight and moreover, for free.I remember i felt exactly the same way when I found out the MOMA in NY opens for free after 4pm every Friday.

もちろん、アーティスティックなものは経済的に豊かでないと繁栄しないという一面もあると思うけど(そうでない場合もあるのかな)、こういった空間がより多くの人々に開かれている事がとても大事だなと。なかなかセンスとかは教えられたり、見たりしないと育たないと思うから。そして直接コレクションを見た感想は、やっぱりインターネットで今では数多くのコレクションを現地と同時にタイムロスなく見れる時代だけど、目の前にして見るとやっぱり発見がたくさんある!

Of course, artistic things has to be affluent in economics to flourish (maybe it doesn’t have to? But), the most important thing is to open this kind of space for lot of people.I mean, I think we can’t cultivate good sense by being taught, we have to see it with our own eyes.The collection was AWESOME by the way. Nowadays we can watch most of the collections on Internet on time but it was totally different from watching it on the screen. There are much more things you can see and find when it’s right in front of you.

印象に残ったのは2011年の秋冬のドット柄のジャガード織りニットのショートスリーブ、トロンプルイユの襟付きカラーブロックワンピース。トロンプルイユはフランス語で『目を騙す』てゆう意味らしく、トリックアートと呼ばれる事があるらしい。(Antoni&Alisonのドレスとかそうだ!)

よく見たらベレー帽とソックスにもドットがあったことにびっくり。これは至近距離で見なきゃ気づけないディティールだなーと。
個人的にはここにコレクションを近くで見れた事の良さを感じた。これぞReady-to-wear。まさに今日から実践のテクニックだな☆

The dot pattern jacquard knit short sleeve and the color blocked dress with the trompe-l’oeil collar of 2011autum/winter were really impressive to me.Trompe-l’oeil is a French word meaning “trick ones eye” and it is called trick art because of it.(Imagine Antoni&Alison’s dresses!)I was surprised when I found there are dot pattern also on socks and beret.You wouldn’t notice if you don’t see it really close and carefully.It was really worth finding these details. This is what we really call “Ready-to-wear”. The technique i can start using from today!

Naoko

Darkish Glamour of TAMARA AKCAY

In Accesory, Fashion on February 23, 2013 at 2:00 am

2013年2月12日から14日の3日間、代々木体育館で開催された合同展示会roomsで素敵なアクセサリーブランドと運命的な出会いをしました。

I had a fateful encounter with a beautiful accessory brand at ROOMS, an exhibition which was held on February 12th to 14th at Yoyogi Gymnasium.

20130223-235034.jpg

TAMARA AKCAYというフランスのアクセサリーブランド!
ハンドメイドでダークな魅力を放つフューチャーリスティックな指輪に一目惚れしたの。

TAMARA AKCAY, an accessory brand from France.
It’s all handmade and every futuristic piece has an individual darkish glamour.

20130223-233717.jpg

20130223-233733.jpg

残念ながら日本での販売はしてなくて、予定も未定。アメリカ、フランス、イタリアにいけば取扱店舗がいくつかあるから購入出来るとのこと。
ショップリストをチェックしてみてね。

Sadly, there’s no agency of this brand in Japan yet. But you can get it if you have a chance to visit the US, France or Italy! Go check out the shop list!!

ブースにはデザイナーのタマラさんもいて、指輪を諦めてブースを去ることは出来なかった。
・・・必死な交渉の結果、特別にお売りして頂けることになったの!!
本当にラッキー!感謝感謝!
4月頃指にはめられる予定!

Tamara, the designer was there and we couldn’t just give up the accessories and walk away…
After our desperate negotiation, she said yes! She said yes to selling those to us.
What a miracle.
Not only just the accessories, I totally became a big fan of her kindness.

Webサイトのテイストも最高。
ブランドイメージクリップもつぼ!

You better check out her website!
I looooove the brand image clip!

デザイナープロフィールにあるTAMARAさんの言葉、素敵すぎてもう大好きになりました。

And the quote of Tamara, on the designer profile page.

ー”everyone feels, and most people don’t know what to do about it.
What any human being can feel iam releasing it through Catharsis on a piece of jewelry.”

ー”人は皆、感情を持っているけれど、
その感情をどう処理すればいいかわからないの。私はその感情を一点のジュエリーにカタルシス、浄化しているのよ。”

彼女の言うとおり、人は様々な感情を持っている。
けど、制限なく全ての感情を露わにすることは出来ない社会に生きているんじゃないかなー。
まるで魔術のように、それらの感情やストーリーをアクセサリーや、洋服、靴に宿らせて表現するデザイナーって本当に素敵!

As she said, every human being has various emotions though i think we are living in a society where its not allowed to express those without any limits.
I personally think its amazing how designer expresses those emotions and stories through accessories, clothes and shoes like wizardly!

すっごくドリーミーなことだけど、
もし自分の持っているアクセサリーが喋れるとしたら、
一体どんなストーリーを語ってくれると思う?
想像しただけでわくわくするー!

I know its very dreamy but if your accessories can speak,
What kind of story do you think they have?
Makes me excited just thinking about it!!

20130223-233935.jpg
accessories :TAMARA AKCAY

20130223-233942.jpg
Arm cuff: TAMARA AKCAY

Meg

Fresh flowers on your head – Flower crown

In Fashion, Trend on February 10, 2013 at 4:35 pm

Ultraista のLauraのヘッドピースがかわいくて調べてみたら、Fumbalinasというブランドですべて手作りのよう。

I fell in love with this cute headpiece which Laura from the Ultraista was wearing. It’s one of the items from a brand named Fumbalinas, and they are all hand made.

スクリーンショット(2013-02-04 1.40.03)

フラワークラウンといえば細めのものがイメージしやすいけど、今は断然大ぶりの方が気分。
Fumbalinasはウェディングの注文も受け付けているらしいよ!
DIYで色々楽しめるのも魅力的。
いくつかアイディアソースを。

Speaking of flower crowns, you might imagine thin and small one but defiantly I’m in a mood of more large and gorgeous one! Fumbalinas also accepts orders for wedding! DIY is another fascinate thing about flower crowns.Here’s some ideas for you.

2832165_meganlblovers
tumblr_mff3mw1uCZ1rowmj0o1_500
2833373_LB

ヒッピー的な感じよりも、シックなスタイルで合わせた方が今っぽい!

Hippie style? That’s too standard, why not trying it with a bit of chic style? It’ll be more trendy.

Lana-Del-Rey-flowers

思い切ってTシャツとジーンズにカジュアルなスタイルで合わせても素敵!

And how about matching it with T-shirt and jeans? No one would think you are dressing too casual!!
Naoko

Elisa Nalin

In Fashion on December 20, 2012 at 5:13 pm

海外のスナップを集めた雑誌やブログでいつも見かける彼女。

I often find her on fashion magazines and blogs which gathered various street snaps from overseas.

ELISA-NALIN-1

彼女の明るい色味を使ったスタイリングはいつも魅せられてしまう。
彼女のスタイリングは素晴らしい完成度で、色のトーンや素材の合わせ方をいつも分析してしまう。
エリザ・ナリン。
ベネトンなど大手ブランドの広告のスタイリングの経験を持つスタイリスト。

彼女はまさに自分を通して”スタイリング”を楽しんでいる。

Her bright color balance always fascinates me.Her styling is marvelously perfect. I always find myself analyzing the color tone and the combination of materials.Elisa Nalin is a stylist who once experienced styling for the advertisement of some major brands such as BENETTON.Indeed she enjoys styling through herself.

10_18_08_Elisa_Nalin18202

実は若い時の彼女の写真を見た時はとてもびっくりした。
髪色も今のようなブロンドのショートカットではなく、お決まりの赤リップもしていない。
とてもステキだが、全くの別人に見える!
どうやら靴のデザインとインテリアデザイナーをしていたようだ。
前の彼女も今の彼女の持つセンスの始まりを確かに感じさせられる。
彼女に会った事はないけど、着こなしを通してエリザらしさが伝わってくる。
今の彼女のスナップをこれだけ見かけるのも、スタイルが完成され、それが多くの人に影響を与えているのかな。
誰も見てない部屋の鏡の前では、いつも実験的でいよう!
まるで、どれもただ何も考えず簡単にやっているかのように。

This old picture surprised me little bit because her look was kind of different from when she is now.Her hair is not blonde nor short, and she has no red lipstick on.Of course she looks great but looked like a completely different person to me.I found out that she was a shoes and interior designer at that time.This picture shows that she already had a wonderful established sense of fashion too.I have never met her but I think she really knows how to express herself through styling.Maybe the reason why I often find her fashion snaps is because of her refined style which inspires many many people.

So, let’s be more experimental in front of the mirror when no one else is around!As if you just did it simply without thinking anything.

Naoko

ACNE STUDIOS AOYAMA

In Fashion, Shop on December 10, 2012 at 11:30 pm

20121208-225222.jpg

いよいよ今月14日、アクネ(ACNE)日本初の旗艦店が青山にオープンする。

ACNE will open their first flagship store in Aoyama, Tokyo on December 14th.

アクネを展開するスウェーデンのファッション・ハウスであるアクネ・ストゥディオズ(ACNE STUDIOS)がトゥモローランド(TOMMOROW LAND)とジョイントベンチャーしたことにより、アジア初、日本初のアクネ・ストゥディオズ・アオヤマ(ACNE STUDIOS AOYAMA)のオープンが決まった。

The open of ACNE’s first flagship store in Japan (as well as the first flagship store in Asia), was determined after the Swedish fashion house ACNE STUDIOS announced that they teamed up with the Japanese fashion company, TOMORROW LAND.

ユニセックスデニムで有名なスウェーデン発のブランドACNEは、「この世に存在しないような世界一面白い会社を作ろう」と、4人クリエーターが集結し1996年に誕生した。

ACNE, which is a Swedish brand known for its stylish unisex denim was founded by 4 creators in 1996. Their aim was “to make a cool company that would never ever exists in this world.”.

元々は広告、デザイン、TVなどに携わるクリエイティブ団体であった。
しかし、1997年に顧客へのクリスマスギフト用に作った彼ら曰く”大失敗作”のユニセックスデニムが雑誌ELLEに掲載され、大ブレイクをしたそう。

At first ACNE was a company that participate in advertising, design and TV industries.
However, after the unisex denim they sent to one of their costumes (which was their failed creative work) as a christmas gift appeared on ELLE magazine, they got attentions from everywhere.

20121209-095601.jpg

ファッションだけに留まらず、雑誌の創刊や家具もデザインしているオールマイティブランド。
2005年8月から毎年2回のペースで発刊されている「アクネ・ペーパー(ACNE PAPER)」は、彼らならではのテイストにあったポートレート・ファッション・アート・インタビューやエッセイなどが記載されてる。

Not only focusing on fashion, they also publish a magazine, designs furnitures and so on. The “ACNE PAPER” which is published twice a year contains some portraits, fashion, arts, interviews and essays which matches to their concepts.

20121208-231528.jpg

クリエイティブ・ディレクターを務めるジョニー・ヨハンソン(Johnny Johansson)はファッションを専門的に学んだことが無い。しかし、”人に着てもらってこその服である”という独自の哲学を持ち、アートや音楽、カルチャーから得る、幅広いコンセプトに沿ってデザイン性やクオリティを兼ね備えたウェアブルな一点を市場にもたらす。

Johnny Johansson, the creative director has never studied fashion.
But he creates a high quality wearable clothes which is designed based on various concepts he gets from art, music and culture “to make a desirable products”.

20121208-234545.jpgACNE 2013 spring collection

きっとお店もACNEならではのデザインなはず!
14日が待ちきれない!!

I bet the store is super cute and I really can’t wait to go to the store!!!!

Meg

My Fav: Sophie Hulme Dinosaur socks

In Fashion on December 3, 2012 at 6:00 pm

Sophie Hulmeはイギリス出身の実力派若手デザイナー。

2012年の秋冬のテーマは恐竜。

それを聞いただけでもワクワクしちゃう♪

Sophie Hulme is a young talented designer from England.
The theme for 2012 autumn/winter collection is “dinosaur”.
Makes me so excited just at the thought of it!

Sophie-Hulme-Autumn-Winter-2012-131

Sophie-Hulme-Autumn-Winter-2012-161

Sophie-Hulme-Autumn-Winter-2012-18

恐竜の形をレースにしたコート。

This is a dinosaur lace coat.

千鳥格子風に並んだダイナソーに一目で引かれた!

恐竜というテーマのコレクションに彼女らしい上品さがしっかり表現されている。

Via Bus Stopとのコラボレーション商品みたい。

I fell in love at this hound’s-tooth checkish dinosaurs at first sight!
Although the theme is dinosaur, you can see her elegancy through all of her works for this collection.
This socks is a collaboration item with Via Bus Stop.

http://zozo.jp/shop/viabusstop/goods.html?gid=1654216&rid=1011

 

Naoko

Caroline Sauliner × HUNGER TV

In Beauty, Fashion on November 18, 2012 at 2:03 am

HUNGER TVによる、常識を覆す個性的でアヴァンギャルドなヘアーメイクアップアーティスト、Caroline Saulinerへのインタビュー。

An interview of Caroline Sauliner, the avant-garde hair-make up artist whose work is astonishing and mind-blowing by the HUNGER TV.

HUNGER TV: CAROLINE SAULNIER INTERVIEW from Hunger TV on Vimeo.

彼女は、私たち誰もが持つ2つ顔-天使と悪魔をヘアーメイクによって自由自在に表現するアーティスト。
クラシカルで洗練された美しさの天使、一方で
様々な色や素材を使いクレイジーな悪魔。

She is an artist who expresses the two different personality which hides in all of us- the Angel and the Devil by her fascinating hair-make up skills.
The angel, is very classical and refined. On the other hand, the devil is more crazy using various colors and textures.

20121119-083058.jpg

女性の本能的・動物的な一面をヘアーメイクによって引き出すことが彼女の目的であって、最大の魅力。どんな女性も彼女の手に掛かれば、自身を強く感じることが出来て、自然とポージングや立ち振る舞いにも現れるんだって。

The most fascinating point of her is that her fascinating skill propels the instinctive part that hides in all of us. And which is also her aim.
Any women can feel strong and be strong with her hair-makeups and she says that it obviously shows in the way they strike a pose- like an animal or something strange.

女性を強く魅せたいという願望を持つアーティストやデザイナーの作品はやっぱり何か同じものを感じる。一見不気味で恐ろしいけど、人間味に溢れていて美しい。例えば、アレキサンダー・マックイーン!
彼も、彼の作品を着る女性には強くみえてほしいと考えていたデザイナーの一人だもんね。

I feel something very connected and in common with most of the work of an artist or designer who has the will to make women look stronger. Seems unearthly and scary but its more humanity and really beautiful. For example, Alexander McQueen!
He was one of the designer who wanted to make the women look stronger and brave in the clothes he designed.

20121119-104406.jpg

今年の9月に有名なファッションカメラマンのRANKINとタッグしたビューティーブックも発売されたそう。是非、チェックしてみて!

Caroline collaborated with RANKIN, the famous fashion photographer and the beauty book is already in the stores. Defiantly we need to check it out!

20121118-215826.jpg

20121118-215837.jpg

20121118-215846.jpg

20121119-104434.jpg

20121119-104503.jpg

Meg

Grimes-Oblivion

In Fashion, Music on November 16, 2012 at 2:28 pm

GrimesことClaire Boucherはカナダ出身アーティスト。独学で作曲を学び、宅録で作品を作り始めた。

彼女の多様なジャンルを臭わせる実験的なサウンドは注目を集めている。

来年3月にもジャパンツアーが決定!

楽しみー!

Grimes, also known as Claire Boucher is a Canadian artist.
She started composing songs and recording on her own during her college days.
While insinuating various genres, the new experimental sound which she makes is holding attentions.
She will be touring Japan next March!
I am so excited!

 

Naoko

Maison Martin Margiela for H&M

In Fashion on November 10, 2012 at 12:01 am

「Maison Martan Margiela with H&M」
コラボレーションライン発売まであと5日。

5 days till the collaboration line,
Maison Martan Margiela with H&M hits the store.

20121109-234440.jpg

これまで、JIMMY CHOOやMARNIなど多くの有名ブランドとコラボラインを発表してきたH&Mだが、今回は過去一番洗練されたコラボレーションといっても過言ではない。

H&M had collaborated with some famous brands such as Jimmy Choo and Marni. But this time, it is no exaggeration to say that this collaboration is the most refined one EVER.

Maison Martan Margiela(以下MMM)は、ベルギー出身デザイナーMaison Margielaが手がけたブランド。彼はファッションの歴史に大きな影響を与えたデザイナー6人のうちの1人とも言われている。アントウェルペン王立芸術学院を卒業後、Jean Paul Gaultierの下で数年働き、1988年に自身のブランドMMMを立ち上げた。同年Hermesのレディースプレタポルテのディレクターに就任、2004年までデザインを手掛けた。

Maison Martan Margiela is a Belgium brand which was founded by Maison Margiela. He is apparently one of the designer who greatly influenced the fashion history. After graduating Antwerp’s Royal Academy of Fine Arts, he worked as an assistant for Jean Paul Gaultier for few years. In 1988 he founded his own brand MMM, and installed as the director of Hermes ladies pret-a-porter line on the same year. He designed the line untill 2004.

ファッション界でも彼のことを知る人は少なく、謎のベールにつつまれているミステリアスなデザイナーだそう。人前には現れず、取材やインタビューにはFAXや文章で返答するのみ。まさに”洋服に語らせる”デザイナーだ。

He is a designer veiled in mystery and there are very few who knows about him. He dosen’t show up in front of people, never been photographed and never replied to an interview. Indeed he is the designer who “makes the clothes speak”.

ブランドのテーマカラーは白で、ブランドスタッフの洋服も、店舗を白を基調につくられている。
ショーでキャットウォークをするモデルには一般人を起用したり、モデルの顔をマスクで覆いかくしたりして、やること全てにおいてミステリアスな雰囲気を醸し出す。

The theme color of the brand is white. Therefore, the clothes which the brand stuff wears and all the stores are made based on white. They often use an amateur models for their shows, sometimes they cover the model’s faces with a mask which propels more mysterious atomosfaer.

20121109-230253.jpg
Left: 2012 Fall Couture Collection
Right: 2012 s/s RTW

また、MMMで有名なのが「カレンダータグ」と呼ばれるブランドタグ。あえてブランド名は明記せず、真っ白い長方形のタグに0から23までの数字がカレンダーのように並べられている。マルで囲まれてる数字がどのコレクションラインかを表しているの。

One more thing, MMM is well-know for their unique clothing label. They do not put their brand name , they have numbers lined up from 0 to 23 like a calendar on a white rectangle label instead. The number circled corresponds to one of various lines in the MMM range.

20121109-233118.jpg

そういえば、MMM with H&MのCMもうチェックした?

Oh, by the way have you checked out the commercial for the collaboration line?

アンチモード、再構築、再構成など、あらゆる常識を覆すスタイルをテーマとするMMMは、白と黒を基調とした一見とてもシンプルなデザインが多いようにみえるけど、一般人には着こなすのは至難の技であるくらいエッジーで個性的。

Anti-Mode, re-construct and re-create.
They express a style that overturns the common sense with white and black. It seems most of the styles are very simple but when you try them on, you will notice that they are just the opposite, very edge and individualistic.

20121109-231648.jpg
Spring 2012 RTW

20121109-231638.jpg
Fall 2012 RTW

MMM For H&Mのテーマは「re-edition」、復刻。テーマの通り、過去のMMMのコレクションからピックアップしたアイテムたちで構成されている。一見シンプルにみえるけど、着こなすのはそうとうのセンスが必要かも!あえて手持ちのシンプルなアイテムに合わせてマルジェラらしさを強調しよう!

The theme of MMM for H&M is “re-edition”. This line is organized with the items from the past collections of MMM. Looks simple but you defiantly need a real sense to wear these. (The clothes might wear you!) Go check your wardrobe and see if you have something simple that perfectly goes with MMM and show off your individual style!20121109-233957.jpg

20121109-232225.jpg

20121109-232231.jpg

Meg